masayuki5160's diary

ソフトウェアエンジニアの雑多ブログ。最近は日常のこといろいろ書いてます。

ソフトウェア開発

関係者の多い開発案件でどう認識合わせすべきか、毎度悩ましい

TL;DR 開発者同士の認識合わせ、どう進めるか ユースケース図が想定してたより役立った アクティビティ図にも助けられた まとめ 今後のことや感想など TL;DR 学生の頃学んで、こんな棒人間が書かれた図の何が役に立つんだと思っていたユースケース図に助けら…

本を読むことと、技術書との付き合い方

TL;DR "忘れる読書"を読んだ 技術書とはどう付き合う? まとめ TL;DR 技術書について、自分の言葉で話せることを意識して本を読むようにする。忘れることは気にせずでいい、どんどん読み捨てるノリでいい。が、何度も読むことで理解が深まる本もあるのでいく…

正論を大事にしつつ、一緒に課題と向き合う

TL;DR 正論と向き合って、その先へ一緒に行きたい 合意することにどこまでリソースをかけるか まとめと感想 TL;DR 正論も大事だし、議論をして合意することも大事だけど、時間は限られている。 特にエンジニア同士のアーキテクチャの議論はトレードオフを意…

モバイルアプリ開発におけるテスト工数をどう減らすか

TL;DR はじめに アイデア1: 手動テストケースの見直し アイデア2: 単体テスト、結合テストの自動化およびその対象の拡大 アイデア3: 品質基準の見直し まとめ TL;DR テストピラミッドにあるように、単体テストの自動化対象を広げることで、手動テストの工数…

レガシーシステム攻略のプロセスを読んで

TL;DR ソフトウェアデザインのZOZOTOWNの特集記事、すごく良かった。 "レガシーシステム攻略のプロセス"を読んだ https://x.com/masayuki5160/status/1796681963522367538?s=46&t=g7ZdrjOCHFQoMzGwzoIsIA 数年前の僕だったら、これ読んで表面的な大変さだけ…

プロポーザルを書くことでお祭りを楽しんで、その先へ

いつだったか所属先のDevRelの方から、プロポーザルいっぱい出せた理由とかなにかあるんですか、的な質問をもらった。チーム内でプロポーザル出そうぜ、ていう話をして、レビューしあいながら複数出したらいくつか通過した、と答えた。僕個人としては意識し…

要求定義におけるLLM活用に関するサーベイ

はじめに 概要 要求工学とLLM マクロな状況(ざっくり説明) 個別の研究事例など Open Problems まとめ(というか感想) はじめに 興味があって、というかもうちょっと楽をしたくて、LLMと要求工学周りのことについて今どうなってるかまとめてみる。一旦サー…

プロダクトマネージャーのしごとを読んで

プロダクトマネージャーのしごと 第2版 ―1日目から使える実践ガイド 作者:Matt LeMay オーム社 Amazon 読もうと思っていて、やっと読めた。実はプロダクトマネージャーと名の付く本はあんまり興味惹かれないので、ちょっと敬遠していたのだけども、読んでみ…

再現性があるよう要求定義をしたいけどなかなか難しい

最近よくごちゃごちゃした案件の要求定義を担当することがある。僕が得意だから、ということではなくて、やっぱりこの部分をやりたがる人はそんなにいないのと、面倒で辛いから、というのがある気がしてる。僕が担当する案件は、関係者も多く、事業としての…