masayuki5160's diary

ソフトウェアエンジニアの雑多ブログ

サイゼリヤ元社長が教える年間客数2億人の経営術読んだ

 

サイゼリヤ元社長が教える 年間客数2億人の経営術

サイゼリヤ元社長が教える 年間客数2億人の経営術

  • 作者:堀埜一成
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

 

話題になってたので読みました。勤め先の上司もおすすめしてたので。

 

読んでみるまで気づかなかったんだけど、サイゼリヤてプロモーションを全くしてない。してるように思い込んでたけど、それはXでファンがおすすめの食べ方などを言ってるだけだった。たしかによく見たらそう。これが驚いたことのひとつ。

 

僕がサイゼリヤにはじめて行ったのは母親に連れられて行った隣町にあったサイゼリヤかな。小学生の時だと思う。30年近く前か。

その頃の値段はさっぱりわからないが、よく行ってたことを思うとその頃から安かったんだと思う。一時期ほんとによく連れて行ってくれた。安いしうまいから、だろう。僕も大好きだった。

 

それを最後に僕はあまりサイゼリヤには行ってない。特に理由はないが、たまたま住んでる場所の近くにない、というだけだ。あるならもちろん行く、美味しいから。安いから。書籍内にもこんなことが書かれていた。

人組の女子高生が歩きながら「どこに行こうか?」と話していて、「サイゼリヤでもいいよ」と言ったのです。私はそれもうれしかった。「最低サイゼリヤな」というのもいいですね。少なくともサイゼリヤなら文句はない、ということだからです。

引用 サイゼリヤ元社長が教える 年間客数2億人の経営術

ハレの日ではなく、普段使いのお店を目指しているからこそ、このやり取りが嬉しいという。なるほどだった。たしかにそういうポジションでサイゼリヤをこえる店はない。いや、マクドナルドとかはそうなのかな。

 

どんな経営してるんだろうな、というのが当然気になるわけだが、一つ面白いなと思ったのがここだった。

一度会長に「なんで政治がないんですかね」と聞いたことがあります。すると、「上に行けば行くほど、しんどくなるようにしてあるから。人間、暇になると政治をするから、暇がないようにしておけばいいんだよ」と言っていました。

引用 サイゼリヤ元社長が教える 年間客数2億人の経営術

そんなのできるんかな、と思ってしまうんだが、実際この規模のチェーンでここまでの成果を出してるんだからそうなんだろう。ほんとすごい。

 

サイゼリヤ行きたいな、と改めて思ったのと同時に、一度サイゼリヤで働いてみたいなと思った。イタリアン好きだし、エンジニアの仕事に限界が仮にきたら飲食で働きたいと思ってたし。終わり。