独学でプログラマーを目指す時のおすすめ勉強法

独学でプログラマーを目指す時のおすすめ勉強法

この記事では独学でプログラマーを目指す方に向けてエンジニアをしている僕からおすすめの勉強法についてご紹介します。

プログラマー、エンジニアを目指す方が最近増えてきていますのでそういった方々の参考になればと思います。

おすすめの勉強法

書籍を使う

書籍を使った学習は比較的安価で良い方法でしょう。ネット上の記事を読みながら学習を進めることもできますが書籍の場合ですとしっかり出版社の方が編集をしていたりすることもあって情報が整理されています

そのため順番に学習を進めやすく効率的だと思います。書籍の選び方や実際におすすめできる書籍については下記にまとめています。

独学でプログラマーを目指す方におすすめする書籍まとめ

記事内でも述べていますが書籍を選ぶ時に大切なのは下記です。

 

  • 背伸びせず易しい本を選ぶ
  • 書籍の出版日改訂日をみてできるだけ新しい書籍を選ぶ
  • 出版社著者シリーズで判断する

 

これから独学をしようとする場合や新しい分野に挑もうというときこそまずはこういった点を意識して書籍を選ぶと良いでしょう。

オンラインスクールに入る

最近は多くのエンジニア向けのオンラインスクールがあります。僕自身が実際に使ったことがあるサービスでおすすめなのは下記3つです。

 

  • TechAcademy
    • メンター付きのオンラインスクール
    • 料金はそこそこ、約10万円〜
  • ドットインストール
    • 初心者向けのプログラミング学習サイト
    • プレミア会員は980円でソースコードも見れるようになる
    • 3分という短い時間でテンポよく学習を進めることができる
  • Udemy
    • オンラインスクール(メンターなし)
    • セールをしているときに購入すると非常にやすくお得

 

この3つは実際に僕も使った経験があり、特にTechAcademyドットインストールについては非常にお世話になってきたサービスです、その経験からもおすすめができます。



下記はドットインストールのプレミアム会員の機能についてです。

出典:ドットインストール

試しに無料でしばらく使ってみるとわかりますが使い続ければ続けるほどプレミアム会員になりたくなります。

まずはどの方法が最も自分に合いそうかドットインストールを試すなどして確認すると良いでしょう。

Udemyについてはセール期間中に試しに興味のあるコースを購入するのがおすすめです。

非常に安価ですのでお試しのつもりで購入できるでしょう。

TwitterなどSNSを使う

これは目的としては以下です。

 

  • モチベーションの維持
  • 情報収集

 

例えば以下のように#駆け出しエンジニアと繋がりたいはこれからエンジニアになろうという方々が利用しているハッシュタグとして知られています。

こういったコミュニティに入っていくことで自身の学習のモチベーションに繋げることができるでしょう。

また、Twitter上でエンジニアの方々をフォローすることで情報収集もできるでしょう。そのためSNSを使うことは非常に良い方法です。

 

 

カンファレンスに参加する

次はエンジニア向けのカンファレンスに参加することです。理由は以下です。

 

  • 初学者向けのセッションに参加する
  • モチベーションアップに繋がるケースが多い
  • エンジニアの知り合いができる

 

いきなりカンファレンスにいくことに抵抗がある方もいるかもしれません。

でもそんなことはありません。

大きなカンファレンスであっても初学者向けのセッションは必ずありますし、そういったカンファレンスの場では特に初学者に優しいエンジニアの方も大勢います

自分だけでは理解が進まなかった箇所を違った角度からの説明や話を聞くことで理解が進むことも意外に多いものです。

国内のカンファレンスについては以下記事でまとめていますのでぜひ興味があるカンファレンスに参加してしまいましょう!

 

エンジニア向け技術カンファレンスまとめ【言語系】【国内版】

 

作ったプロダクト、サービスを公開する

これは学習方法の中でも最もおすすめの方法です。

プロダクト、サービスを公開するプロセスは非常に学びが多くそして自分の自信にも繋がるものです。

小さくても、大したものでなくても大丈夫です。ぜひプロダクト、サービスを作り公開していきましょう

そして可能であればどんどんSNSで作ったことをアピールしましょう!さらに可能であればこういった形でQiitaなどブログでアピールするのもより良いですね。

 

出典:初心者3人でwebサービス(webアプリ)を作ったので、立ち上げからリリースまでを時系列に書いていく

ブログ、Qiitaなどを活用する

上述のリリース経験をQiitaにまとめることとも似ています。プラスして利用すると良いこととして自分が学んだことを記事にまとめるなどしてアウトプットすることを癖にすることでしょう。例えば、

 

  • 勉強を進める上ではまった箇所を記事にする
  • 参考にした本、書籍を紹介する
  • 学習している過程を記事にまとめる

 

などですね。

なんでも良いのでこういった形で記事にして文章を書くことはプラスになると思います。

ぜひ気軽にこういった形でアウトプットする癖をつけていきましょう

資格取得を目指す

資格取得を目指すのも良い方法です。

エンジニア、プログラマー向けの資格は様々ありますが、初学者向けの資格を選べば非常に効率よく技術力をつけることができます

資格取得を目指しても良いですし、資格用の書籍を使って学習を進めるだけでも良いでしょう。ぜひうまく活用することをおすすめします。

なお資格については下記記事でまとめていますのでこちらもどうぞ。

Webエンジニアとエンジニア向け資格

まとめ

以上です。おすすめの勉強方法をまとめてきましたがどうでしたか。

僕自身も実際にしてきた方法ですし現在もしている方法でもあります。

これから独学してプログラマーを目指す方の参考になれば幸いです。