2023年振り返り

去年は忙しかったのか振り返り記事を書いてなかったようなので、今年は書いておきます。

良かったこと

年始から長らく取り組んできた仕事が無事に終了したこと

今年一番良かったことはこれです。他の良かったことも後述してますが、何より無事に担当してた案件が完了して良かったです。この何年かで一番苦労したんじゃないかと思います。

特に年始から春先にかけてストレスフルだったので、そのストレスとうまく付き合うことに苦心しました。具体的には、ちゃんと日々運動してメンタルを健康に保つことを意識しました。イライラ、モヤモヤしていても、ランニングしてスカッとすれば次どうしようか、どうアプローチしようかと前向きになれるので、意識してその状態に持っていきました。

エンジニアリングマネージャの仕事はこの時に何度も読み返し、参考にさせてもらいました。自分がしてることの方向性は良さそうかな、とか、チームやプロダクトにとって良いアクションor貢献になってるんだろうか、というのは自信なかったので。ハードスキルも求められますが、ソフトスキルを求められる場面が多かったのでこの本を読み返していたのかな、と今振り返ると思います。

何はともあれ、最終的には良い形で仕事を終えることができ、良かったです。一緒に働くチームのメンバーに恵まれたなと改めて思いました。

娘が保育園に楽しく通えていること

今年の5月頃から娘が保育園に入りました。はじめは毎日大泣きしてましたが、今では楽しく毎日保育園に通っています。仲の良い友達もできた様子でよかったです。こうやって社会性を身につけていくんだなーと思って見てます。

娘も楽しく通えていて良いのですが、僕と奥さんもそれぞれ仕事に集中できるようになったので、その点でも非常に楽になりました。僕の両親も、奥さんの両親も離れて暮らしているので、お互い子育てで疲れてしまうことがあります。それが保育園のおかげでだいぶ楽になりました。

なんとかなるだろうと思っていましたが、娘が保育園に楽しそうに通えるようになり、よかったなと思っています。

論文を出せたこと

学位を取ったのちに、大学を離れて今の職場で新たに論文を書けるかなということを少し不安に思ってましたが、今年は国内学会ですが論文を出せました。学会でもお世話になった研究室の先生ともお話しすることができました。小さな一歩ですがまず論文を出せてよかったと思っています。来年はリジェクトされた論文を別の場所へ投稿(実践よりの方へ)し、別テーマの論文も2つほど出せればと考えています。国際学会はどこか良さそうなところに出したいところですが予算など相談だなと思ってます、この辺も含めて頑張ります。

趣味アプリをFlutterで書き直したこと

これは仕事と関係しており、業務でFlutterを利用することになったので、キャッチアップも兼ねてReact Nativeで実装していたアプリをFlutterで書き直しました。ChatGPTに聞きながら毎朝コツコツ作業を進め、着手してからは2ヶ月ほどでリリースまでできたかなと思います。

仕事ではマネージメントよりの業務が中心になってしまってるので、こういう時間は業務外で定期的に取るようにしています。仕事の一環とかそういう意味でしているのではなく、どちらかというと自分自身も新しい技術を試してみたいのと、ソフトウェア開発を楽しみたいのがあって、それでやってる感じです。他方、業務で僕に求められることは年々マネージメントよりでの成果です。この辺のバランスを取ることは本当に難しいなといつも思うのですが、今のところこの趣味アプリというか個人開発をちょろちょろすることでギリギリバランスとってるつもりです。他のエンジニアリングマネージャの方がこの変どうしてるか聞いてみたいなとよく思ってます。

実家を今後どうするかに関して、方針が決まったこと

僕は長男で、実家を離れて暮らしてまして(@滋賀)、弟も実家を離れて暮らしている(@東京)ので、実家と両親の今後をどうするか、ということは長らく家族の課題でした。同じような方も多いんじゃないかなと思います。

この課題に関して、2年ほどかけてゆっくり家族で話をしてきて、この年末に話をして方針が決定しました。両親が実家を引き払って、僕が住んでいる滋賀に移り住む、という方針です。お金もかかりますし、精神的な負荷もかかることではありましたが、両親も納得してのことなので、話がまとまってよかったと思っています。プライベートのことでいうと、この件が一番大変で、話がまとまってホッとしました。

大変だったこと、改善したいこと

保育料が高い

これは仕方ないと思ってますが、安くなれば嬉しいなという思いだけw 良い保育園ですし、娘も楽しく通っているのでいいかと思ってます、以上。

家族全員が順番に体調不良でダウン

これは今後気をつけたいなという意味を込めて。

9月か10月だったと思いますが、娘=>奥さん=>僕の順に風邪でぶっ倒れてました。特に奥さんと僕はかかりつけの医者から入院を勧められるほどひどい状況でした。気をつけていても今後もこういうことはあるだろうと思ってますが、だいぶ苦しかったので、何かできることはしたいな、というのが振り返りです。

総括

年始からしばらくは仕事のこととプライベートのこと(実家のこと)で苦しかったですが、最終的には共に良い結果になりました。そういう意味で、良い年だったと思います。来年もすでに夏前くらいまでは忙しそうな予感ですが良い年になるよう頑張ります。