サマリーポケットで本を中心に整理したら部屋もスッキリして最高だった話

サマリーポケットで本を中心に整理したら部屋もスッキリして最高だった話

はじめに

実は前々からたまり続ける本をどうすべきか悩んでいました。仕事柄、この先も本が増え続けることは間違いなく、なんとかしたいなと貸し倉庫についても色々調べていたのですが料金やその手間を考えると契約まではいたらず、仕方なく断捨離をして本を処分するということを長らく続けていました。

きっかけは忘れてしまったのですが、サマリーポケットというサービスを知り、まさに僕が求めていたサービスだ、と思い実際に使い始めたのでそのレビューをしたいと思います。僕のように本がどんどん増え続け困り果てている方もいるかと思いますので、そういった方々の参考になれば幸いです



ちなみに自宅では本棚は使わず本は床に平積みしている状態です。。なぜなら、本が増え続けるので本棚なんてどれだけあっても足りんな、と思い買うだけ無駄だな、と。(一つだけ小さい本棚は持っていて、そこには何度も読み返すかなという本を入れていたりしますが、本当に一つだけです。)

これらはまだましな方ですね。ひどい時はもっと平積みになってます。。

ボックスに詰めていく

細かな申し込みの手順は難しくないので割愛します。サマリーポケットで預けたいものを入れるボックスの発注をすると専用のダンボールが届きます。 そのボックスに詰めるとこんな感じ。

僕は本が中心でしたのでブックスプランを利用し一旦4つボックスを取り寄せました。順番にこのボックスに入れていくことになります。

 

本だけでなく、せっかくなので普段着ないスーツと夏物の衣類、そして布団類も預けることにしました。こちらはスーツとシャツを入れたボックス。これはスタンダードプランです。

僕は仕事柄スーツは全く着ないのですが何かあった時用にスーツ2着と冠婚葬祭用のスーツを持っています。ただ、本当にスーツはほとんど着ないため、持っていた2つのスーツのうち一つは処分し、もう一つのスーツをボックスに入れて管理することにしました。必要な時に取り寄せすればいいな、と思いました。そのため、今手元にあるのは冠婚葬祭用のスーツ1着だけです。クローゼットはスッキリしました。

アプリで確認できるように!

ボックスを送付するとこういった形でボックスの数だけアプリ上で確認できるようになります。こんな感じです。

ボックスをタップするとこんな感じで案内が出ます。かわいいですね。

 

そして、実際に写真が取られるとこういった形でアプリ上で確認できます!初めて自分のアイテムをアプリで見た時は結構感動しました。こりゃ便利、と。

各アイテムはボックスごとに順番に見えるようになっています。僕はスーツとシャツはクリーニングとハンガー掛けで保存をしてもらうように依頼しました。スーツはちょうどクリーニングしておきたいと思っていたので非常に助かりました。依頼もアプリ側からワンタッチですし楽チンです。これでスーツが必要な時にさっと取り出せるようになりました。もちろん取り寄せるまで時間は必要ですが僕にとってはそれで事足りるのでOKです。



取り出してみる

さて、それでは早速試しに取り出しをしてみようと思い、一冊だけ取り出しをしてみました。取り出しもアプリからすぐできます。取り出すアイテムの選択もわかりやすく迷うこともないかと思います。こんな流れです。

これで取り出しのオーダーは完了です。そして届いたのがこちら。ゆうパックに入って届きました。すごい。ブックスプランの場合はこういった形で一冊から取り出せるのがいいですね。ちなみに取り出しの依頼をしてから届くまでだいたい5日ほどかかりました。このことからもすぐ欲しいものについては預けない方針がいいかもしれませんね。追加料金が発生してもいいので速達できるオプションがあると嬉しいかも、と思いました。

注意点 – ボックスのオーダーは計画的に –

サービスを利用するにあたっての手順もわかりやすく、難しいことはないかと思いますが一点だけ知っておくといいと思ったことがあります。それはボックスをオーダーしすぎないようにすることです。

ボックスのオーダーはどの程度荷物を入れるかを自身で検討をして何箱オーダーするか決めます。オーダー自体は手間取ることはないのですが、箱を取り寄せたものの、思っていたよりボックスを使わなかった場合はそのボックスをキャンセルすることはできません。利用しなかったボックスについてどうなるかと言いますと以下の通りのようです。

 

  • ボックスの料金は請求される
  • ただし、ボックスを預けないので月額利用料金はかからない

 

そのため、多めにボックスを頼んでしまうと余計にボックス代金を支払うことになります。とはいえボックス一つあたりの料金は安いのですが、無料だからといってボックスを取り寄せすぎると余計な支払いが発生しますので注意が必要かと思います。(実際に僕もブックスプランのボックスが一つ余ってしまい、ボックス代を支払うことになりました)



おわり

サマリーポケットについて実際に使ってみてのレビューをしました。まだ使い始めたばかりですが、僕自身はよっぽどのことがない限り引き続き利用し続けていくサービスになりそうです。まだ月額料金の支払いはしてないのですが僕の場合はだいたい毎月3000円以内になるかなと思っています。(支払いが始まったらその情報も追記します)この料金を高いと思うかは人それぞれかと思いますが、実際に貸し倉庫を借りることを考えると安いかなと思います。貸し倉庫の場合はその場にいく必要がありますがサマリーポケットはその手間がありません。そこを考えてもコストに見合うと思っています。

 

ライフスタイルによって合う合わないがあるサービスだと思いますが僕自身の今のライフスタイルには非常にマッチしているため、これからも引き続きお世話になりたいと思います。例えばですが以下のような方にはお勧めできそうに思います。

 

  • 荷物は多いが転勤が多く、貸し倉庫を借りることをためらう
  • 書籍が多いが貸し倉庫を借りていちいち本を取り出す手間をかけたくない
  • 近場に貸し倉庫もなく、荷物を預けるサービスを探している

 

それでは本記事は以上です。どなたかの参考になれば幸いです。